トリプルトライアドをやってみよう!

「生粋のカードマニア」を得てマウントをゲットしよう!

アチーブメント「生粋のカードマニア」とは

トリプルトライアドのカードを、No.1からNo.312まですべて入手する!

※Extra cardを除いての収集となります。



うん、きついですね…(笑)

集める方は一緒にノンビリと頑張りましょう(≧▽≦)


トリプルトライアドカード一覧も制作してみましたので宜しければご活用ください!

カードの一覧表はこちらから!


「トリプルトライアド」の手引き





解放条件

  • いずれかのクラス レベル15

  • ゴールドソーサー (X:4.1 Y:7.4)

  • トリプルトライアドマスター

  • サブクエスト「いざ、魅惑の遊技場へ」をコンプリートしている





参加場所

トリプルトライアドはカードスクウェアから参加できます。


カードデッキについて


トリプルトライアドで遊ぶために、まずは以下の手順でカード対戦用のデッキを作成しましょう。


1. 上記のクエスト報酬で入手したカードアイテムを使用し、カードリストにカードを登録します。カードリストはメインコマンド「マイキャラクター」→「ゴールドソーサー」→「CARD LIST」を選択すると確認できます。

2. カードリストに登録されたカードを、カード対戦用のデッキにセットして、デッキを組み上げます。メインコマンド「マイキャラクター」→「ゴールドソーサー」→「CARD DECK」を選択することで、デッキの編集ができます。

また、カードには★1~★5までのレアリティがあります。レアリティの高いカードは一つのデッキにつき1枚しか入れられませんが、「CARD LIST」への登録カード数が増えるにつれ、制限が緩和されていきます。


登録カード数:初期

★2~★5のカードは1枚までしかデッキに入れられません。


登録カード数:30枚以上

★3~★5のカードは1枚までしかデッキに入れられません。


登録カード数:60枚以上

★4~★5のカードは1枚までしかデッキに入れられません。

※カードの右上に表示されている「蛮族タイプ」など様々なカードのタイプは特殊ルールで効果を発揮します。



1. 9つのマスにお互いのカードを配置していきます。


2. 対戦の先攻後攻はランダムに決定されます。


3. 制限時間内に自分のカードを9つのマスいずれかに配置します。


4. カードを置いた時に、隣接したカードの辺の数字を比べて大きい方が小さい方のカードをうらがえし、支配することができます。

後から置いた自分のカードが、隣接するカードより小さい数字でも自分のカードがうらがえることはありません。


5. 交互にカードを配置して行き、9つのマスすべて埋まった時点で、後攻のプレイヤーの手札も含めた10枚のうち、支配しているカードが多い方が勝利です。






オールオープン


対戦で使う5枚の手札をすべて公開した状態でプレイします。






スリーオープン


対戦で使う5枚の手札のうち、ランダムで選ばれた3枚を公開した状態でプレイします。





セイム


自分の配置するカードの数値と、すでに配置された隣接するカードの辺の数値が2辺以上等しかったとき、それらの数値が等しかった隣接カードをすべて支配できます。さらに、この時支配したカードよりも数値が低い相手カードが隣接していた場合は「コンボ」が発生し、そのカードも支配できます。条件を満たした状態で、隣接した中に相手カードが1枚でも含まれていれば「セイム」が発動します。



サドンデス


対戦結果がドローだった場合、サドンデスに突入し決着がつくまで再戦します。このとき、再戦時に使用できるカードは「お互いに支配していたカード」です。ただし、5回再戦して決着がつかなかった場合はドローになります。

※対戦終了後に手札は元にもどります。



プラス


自分の配置するカードの数値と、すでに配置された隣接するカードの辺の数値の和が2辺以上等しかったとき、それらの数値の和が等しかった隣接カードをすべて支配できます。さらに、この時支配したカードよりも数値が低い相手カードが隣接していた場合は「コンボ」が発生し、そのカードも支配できます。条件を満たした状態で、隣接した中に相手カードが1枚でも含まれていれば「プラス」が発動します。



ランダムハンド


自分のカードリストに登録されたすべてのカードから、ランダムに選ばれた5枚のカードで対戦します。





オーダー


カードを使用する順番が固定されます。対戦で使うデッキにセットした順番でカードを使ってプレイします。






カオス


カードを使用する順番が固定されます。対戦で使う5枚の手札からランダムで選ばれた順番にカードを使ってプレイします。





リバース


カードを支配する条件が変化します。カードの数値が「小さい」方が強いカードになります。






エースキラー


カードを配置するとき、最強の「A」を最弱の「1」で支配できるようになります。エースキラーと同時に「リバース」のルールが適用される場合は、逆に「A」で「1」が支配できるようになります。




タイプアセンド


「蛮神タイプ」や「獣人タイプ」などのカードタイプを持つカードの強さが変化します。これらのカードは、すでに配置された同じカードタイプのカードの枚数分、各辺の数値が増加します。タイプアセンドにより数値が「11」以上になった場合は、すべて「A」として扱われます。




タイプディセンド


「タイプアセンド」と同様、カードタイプを持つカードの強さが変化します。これらのカードは、すでに配置された同じカードタイプのカードの枚数分、各辺の数値が減少します。タイプディセンドにより数値が「0」以下になった場合は、すべて「1」として扱われます。




スワップ


お互いのデッキからランダムで選ばれたカード1枚を相手と交換してプレイします。









公式サイト「トリプルトライアド」より抜粋   

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


0件のコメント